スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回旋運動の重要性

 前の記事では関節の牽引について書きましたが、次は関節の回旋運動についてです。

 私達が普段生活していて、関節の回旋なんて気にすることはあまり無いと思います。ラジオ体操なんかで腕をグルグル回すときくらいでしょうか?(これも正確には「ぶん回し運動」と言って、純粋な回旋運動ではありませんが・・・)
 しかし、この回旋運動という動きが無いと、とてもギクシャクとした動作になってしまいます。昔のおもちゃのロボットの動きがギクシャクしているのは、この回旋機能が無かったからです。何気なく腕を挙げるときでも、肩関節の外旋作用が無いと、120度くらいまでしか挙げられないはずです。

 このようにとても大切な回旋動作なのですが、なぜか突然忘れてしまう事があります。腕が挙がらない所謂「五十肩」はこの回旋動作を忘れてしまったが為に起こってしまうという説が最近強いようです。
 また、股関節のトラブルでも回旋の影響が多くみられます。例えば「ペシャンコ座り」をよくする女性は股関節の内旋が強くなってしまい、それに連動して骨盤が前傾しO脚や腰痛の原因になっているみたいです。

 PNFではこの回旋運動をとても重視しています。各運動パターンの開始時に通常クイックストレッチという操作を行うのですが、この際、運動パターンの逆方向に回旋を少しだけ強めて、筋肉の伸張反射を高めることにより、滑らかな運動の手助けをしています。


アクティブスタイル
スポンサーサイト

股関節のトラブルに対するPNFの施術について

若い女性を中心に股関節にまつわるトラブルが多いようです。
股関節の痛みはもちろん、「ポキポキ」鳴るということもよく聞きます。

原因としては骨盤の歪みとか内股・O脚など、いろいろありそうですが、施術をしていて、脚を軽く牽引してあげるだけで劇的に軽減する場面を多く見かけます。

人間は重力に逆らうように2本足で直立しますから、どうしても骨盤から上を支えている股関節には強い圧縮力が掛かってしまいます。更に骨盤の歪みや股関節自身のねじれが重なることで、関節の動きが滑らかでなくなり、様々な悩みに繋がるのではないかと想像しています。

そこでPNFの下肢パターンを使用するのですが、この時、股関節を含め脚全体への牽引を意識しています。カイロプラクティックでも股関節へのアジャストとして牽引する手技がありますが、PNFでは股関節だけではなく、膝関節・足首・足の指まで同時に牽引させます。

大抵の方はこれで違和感は半減すると思います。「ポキポキ」音にしても数回の施術でほとんど気にならなくなると思います。それでも改善できない場合は、膝関節の牽引を強調させると上手くいくことが多いです。

アクティブスタイル

正しい姿勢とは・・・

DSC00191.jpg

DSC00192.jpg

上は施術前、下は施術後なのですが、写真の違いにお気づきでしょうか?

ズボンのラインを見て頂くと分りやすいと思いますが、上の写真では体重が前へ寄り掛かり過ぎています。
体重が前へ寄り掛かり過ぎると骨盤が前へ前傾し、腰椎の関節面が狭くなりやすいのです。その結果慢性的な腰痛が起こります。同時に背筋の筋肉が緊張しやすくなってしまうので、背部~肩の凝りなんかも出ることが多いと思います。

原因はいろいろあるのですが、女性の場合は高いヒールによる骨盤前傾の癖が多いですね。またスポーツをされる方では大腿四頭筋が短縮しすぎて腹筋が弱くなるというパターンも考えられます。

施術のポイントとしては腹筋全体(腹直筋以外にもいろいろあります)の筋肉を促通(神経的に働きやすくすること)させることです。
この写真下の場合はPNFの下肢パターンにより殿筋の働きを高めた上で、上肢パターンを組み合わせることで腹筋を強調させました。

下の写真の状態が長続きすれば、腰痛は起き難くなると思います。


アクティブスタイル
http://www.active-style.info

はじめに・・・

 ここでは、私が何気なく考えたカラダに関するアレコレを書いていきます。特に身体の動作や感覚に関する話題を提供していければと思う。

 ここ数年来、スポーツにおける身体動作において「なんば」とか「古武術」だとかの影響が大きくなっています。ランニングでの「なんば走り」はもちろん、水泳でも「二軸クロール」なんてメソッドも持てはやされています。私自身はそれらを肯定も否定もしませんが(今のところ)、「二軸クロールが出来れば速くなる」とかいう風潮は「んっ?」という感じです。そのあたりを考えたアレコレを思いつきで書いていきますね。

 いろいろと考えている途中、私自身で過去の内容と矛盾したことを書き出すこともあるかもしれませんが、気にしないで下さいませ。過去の云々よりも現在の「ライブ」感にお付き合いくだされば幸いです。
 私のような「ええ加減」なヤツが考えた「ええ加減な」コトですから世間をお騒がせするようなことは無いと祈っていますが、もし私の考えたことに間違えや足りないところを見つけられた方は、私の後学のためにもメールででもご指摘下さいませ。
カレンダー
04 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。